最終的な差

生きがいとやりがいを見つける > おすすめ > 最終的な差

最終的な差

2014年10月14日(火曜日) テーマ:おすすめ

パソコンのディスプレイの前に座って動いている為替レートを見ると、理由無くトレードをしたいという感情が沸き起こる事も多いと思います。

 

でも、不明瞭な思いつきで売買することだけは、絶対にしてはいけません。

 

知っての通り、相場は年中常時どこかの国の為替市場が関いているし、レートも動いています。

 

そうであっても、何度も売買を重ねているとそれだけで損失を被る危険が高まってしまう。

 

当然、取引の回数を重ねることによって、だんだんと勝利する確率が50%、50%になっていきます。

 

けれどもこの事は「ぼんやりとした勘で注文」とは別の話だ。

 

売り買いの回数を積み重ねるという意味は自分で「ここはいける」と思える機会を得たケースでのトレード回数を積むという事を言っています。

 

何となく、連続して取引を積むのとは全く異なります。

 

外国為替相場の勝負に勝利するためには己で思案して緩急をつけることこそが大切です。

 

「ここだ!」とよく考えた市場の時には、迷わず所持ポジションを増やして、覚悟を決めて利益を追い求めます。

 

「頭をかかえる外国為替市場で、どう動くのか理解できないな」と思った時は、潔く諦めて所有ポジションをひとつ残らずクローズして何もしない。

 

これぐらいのけじめがあったほうが、売り買いは成功します。

 

外国為替市場の名言には「休むも相場」というものがある。

 

まったく言葉どおりです。

 

外国為替相場とはいつも売買ポジションを持っていることが大切ではなく、どの売買ポジションも保有せずじっと見ていることも場面によっては、相場です。

 

それでは、どのタイミングで休む必要があるのでしょうか。

 

第1に言われるのが前に述べたように、これから先の為替相場が判断できない時です。

 

現状から高くなるのか安くなるのか明確でない時は、何も考えず行動すると、思ったストーリーとは違った方向に外国為替相場が向ってしまい、損をする事になります。

 

だから、こうした時はポジションを整理してそのまま何もしないで黙ってみているだけがいいと思います。

 

次に、あなた自身の体の調子がすぐれない時。

 

体の具合と外国為替市場に関係しないと感じる人もいると思いますが実は考えている以上に関係あります。

 

コンディションが変な時は、市場の大切な場面で、正しい判断が難しくなります。

 

気分が進まない時は、トレードから離れる事も重要な事です。

 



関連記事

100倍の美白力

100倍の美白力

2014年11月 3日(月曜日)

最終的な差

最終的な差

2014年10月14日(火曜日)

テスト

テスト

2014年9月23日(火曜日)